ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

とほほ…誤球トラブルで秋葉真一が上位争いから脱落

2017/11/03 17:56


◇国内シニア◇富士フイルム選手権2日目◇ザ・カントリークラブジャパン(千葉)◇7174yd(パー72)

首位と1打差の2位から出た賞金ランキング6位の秋葉真一が1バーディ、2ボギー1トリプルボギーの「76」でプレーし、通算イーブンパーの19位に後退した。今年8月の「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」に続く今季2勝目に向け、大会2日目を幸先良くスタートしたが、469ydの3番ホールでトラブルが待ち受けていた。

同組の真板潔がティショットを左に曲げた後、暫定球を放った。だが1球目は見つかり、ラフからの第2打をフェアウェイに戻して事なきを得た。一方、秋葉は残り200ydからUTで放った球がグリーンをとらえてチャンスにつけた…はずだった。

しかし結論から言うと、秋葉が打ったのは真板の暫定球で、そのことにグリーン上で気づいた。

秋葉は「自分のティショットの方が(真板の暫定球より)飛んでいないと思った」と勘違いし、ボールを間違えて打ったのだという。不運だったのはボールが同じメーカーで、両者とも同じ赤色でオウンネームが施されていたこと。さらに、刻印された数字も「4」(秋葉)と「41」(真板)と似ていて、見紛うには十分すぎる要素がそろっていた。「誤球」により、2罰打を科された。

秋葉は「スタート時に真板さんから『気をつけて』と念押しされたにも関わらず、パッと赤色(ネーム)が目に入って、瞬時に自分のボールと思い込んでしまった」と反省。「きちんと確認しなかった自分の責任です」と肩を落としながら、練習場へ向かった。

■ ゴルフ規則(抜粋)

【規則15 取り替えられた球;誤球】
プレーヤーはティーインググラウンドからプレーした球でホールアウトしなければならない。ただし、球が紛失したり、アウトオブバウンズとなった場合、球の取り替えが許されているかどうかにかかわらずプレーヤーが他の球に取り替えた場合は除く。

<15-3b誤球 ストロークプレー>
競技者が誤球に対して1回または複数回のストロークをした場合、競技者は2打の罰を受ける。競技者は、正球をプレーするか、規則に基づいて処置することによって、誤りを訂正しなければならない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!