ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

猛追マークセンが2位浮上 首位に5連続バーディの崎山武志

◇国内シニア◇富士フイルム選手権2日目◇ザ・カントリークラブジャパン(千葉)◇7174yd(パー72)

ツアー7勝、賞金ランク21位につける崎山武志が6バーディ、2ボギーの「68」でプレーして、通算7アンダーの単独首位に浮上した。昨年6月の「スターツシニア」に続く8勝目に前進した。

この日2つ目のボギーとした11番を終えると猛チャージした。12番ではピン右3m、13番(パー3)では5Iでピンそば2mにつけてバーディを連取。14番から16番もピンにからめるショットで「(5連続は)前半、がまんしたご褒美」と、5連続バーディでリードした。

「バーディを獲りたい気持ちが強いと、力が入ってしまう。獲りにいくよりも、セカンドショットをどう打つか」と、堅実なプレーでスコアを積み上げた。2015年には自身最多の4勝を挙げたが、今季は腰痛に悩まされ未勝利。「トップでいるのは気持ちがいい。もちろん優勝を狙いたい」と意欲を見せた。

30位から出た賞金ランクトップのプラヤド・マークセン(タイ)が8バーディ、1ボギーの「65」でプレーして、通算6アンダーの2位に急浮上。今大会で優勝すれば、2位以下の選手の成績に関わらず、自力で賞金王となる。「調子は上がっている。優勝で賞金王を決めたい」と話した。

同じく通算6アンダー2位にグレゴリー・マイヤー(米国)。通算5アンダー4位に寺西明、通算4アンダー5位に賞金ランキング3位から逆転賞金王を狙う室田淳倉本昌弘の2人が並んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。