ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は4戦連続予選落ち パク・サンヒョンが首位

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目(3日)◇PGMゴルフリゾート沖縄 (沖縄)◇7005yd(パー71)

大会2日目にボギーなしの「66」で回ったパク・サンヒョン(韓国)が通算8アンダーとして、首位に浮上した。1打差の通算7アンダーで、同じく「66」をマークした手嶋多一が続いた。

<< 下に続く >>

パクは昨年の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」でツアー初優勝を飾った34歳。一方の手嶋は、現役最長の21年連続賞金シードを保持する49歳だ。

通算5アンダーの3位には、賞金ランキング3位の池田勇太チャン・キムソン・ヨンハン(韓国)の3人がつけた。通算4アンダーの6位には岩田寛ら4人。

初日に首位発進を決めた中島徹は、この日は「74」とスコアを落として通算2アンダー。賞金ランキング1位の小平智らとともに、16位とした。

地元沖縄出身の宮里優作は3つスコアを伸ばし、通算1アンダーの23位で週末へ駒を進めた。一方、初日「76」、2日目「77」とした石川遼は、通算11オーバーの98位で国内ツアー4戦連続予選落ちに終わった。

<上位の成績>
1位/―8/パク・サンヒョン
2位/-7/手嶋多一
3位/-6/池田勇太
4T/-5/チャン・キムソン・ヨンハン
6T/-4/岩田寛マイケル・ヘンドリースンス・ハン木下裕太
10T/-3/深堀圭一郎ドンファン藤田寛之ショーン・ノリス山下和宏宮本勝昌
16T/-2/小平智中島徹 ほか
23T/-1/宮里優作小鯛竜也 ほか
27T/E/片岡大育時松隆光 ほか
98T/+11/石川遼ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!