ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権
期間:05/09〜05/12 トリニティフォレストGC(テキサス州)

悩めるスピースは世界40位割れ目前「数字ほどはひどくない…」

◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 事前情報(8日)◇トリニティフォレストGC(テキサス州)◇7371yd(パー71)

2015年に1位になった世界ランキングは、現在39位。ジョーダン・スピースは2017年「全英オープン」を最後に優勝から遠ざかり、6年ぶりにランク40位を割りそうなほど下降線をたどる。通信大手AT&Tと契約を結ぶ25歳は地元でのスポンサー大会開幕を翌日に控え、会見した。

昨季は平均パット数が全体83位の「29.09」と、得意のパッティングですら不調にあえいだ。一方で、今季は8位の「28.05」。スコアに対するパット貢献度は昨季の123位「-0.034」から50位「0.321」と徐々に改善されつつある。

現状の課題は「-0.705」で全体205位のティショットのスコア貢献度だ。ただ、同指標が測定されないラウンドもあり、今季16回マークした60台のうち、6回はスタッツに反映されていない。「数字ほどは、ひどくないと思っている。勝ててはいないけど、徐々に前進している感覚がある」と主張した。

テキサス州ダラスの地元紙によると、そんなスピースについて“帝王”ジャック・ニクラスは前週、「彼は賢い。いま置かれている状況を理解しているはずだ。がまんのときだ。きっと大丈夫だろう」と話したという。

次週のメジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」では、史上6人目のキャリアグランドスラムがかかる。「自分の力を疑うことはないし、厳しい時期も受け入れているよ。忍耐強くやっていく」。まずは今季初のトップ10を目指したい。(テキサス州ダラス/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 AT&Tバイロン・ネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。