ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

柏原明日架 足りなかった“頭”と“心” 「ようやくスタートが切れた感じ」

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 初日(9日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

初勝利を目指す23歳の柏原明日架が4バーディ、1ボギーの「69」でプレー。通算3アンダーとし、2位タイで初日を終えた。出だしの10番で、残り120ydの2打目をPWで1mにつけバーディ発進すると、後半に2つ伸ばした。「ティショットが比較的安定していたので、その分チャンスは多かったかなと思います」と、フェアウェイから硬いグリーンに止めるショットが好スコアの要因と分析した。

<< 下に続く >>

2016年シーズンからシード権こそ保持してきたが優勝には届かない。今季は開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」で11位に入ったものの、以降は上位に食い込めず、直近2戦は予選落ちを喫している。それでも、開幕してからのショットの状態は「プロ入りしてから一番いいんじゃないかな」と好調をキープしていた。

内容と裏腹な結果にストレスを抱えるシーズン序盤だったが「練習するしかなかった」。ひたすらボールを打つことで悪いイメージを打ち消した。「ただ単純に数だけじゃなく、イメージ通りの球を打つ練習に変えた」と、量より質を重視する練習方法に変えた。

「勝てていない」というプレッシャーは感じている。「そこに向けて何が必要かを考えたときに、技術的な部分で足りていないこともたくさんありますし、そこだけじゃないということは最近感じていた。“頭”や“心”が、足を引っ張っているんじゃないか」と、メンタルにも弱さがあると考えるようになった。

毎週試合後には上位で終えた選手のコメントに目を通し「上に行く人はこういう考え方でプレーしているんだな」と参考にした。「先週の(勝)みなみちゃんもそうですし、試合が始まる前から『勝つのは私だ』って。そういう風に自分が考えたことがあるのかなって。考えてみたらあんまりなかったりして」。後輩のコメントからも貪欲に刺激を受ける。

久々の上位に「いい状態がようやく結果に表れ始めた。自分の中でようやくスタートが切れた感じがします」。笑みを浮かべてドライビングレンジに足を向けた。(茨城県つくばみらい市/柴田雄平)

関連リンク

2019年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!