ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

気は早いですが…申ジエの日本初“4冠”への道

2018/09/08 18:36


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目(8日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

申ジエ(韓国)が2週連続優勝、国内メジャー2連勝に王手をかけた。11アンダー単独首位から5バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」で回り、通算12アンダー。後続との差は5打から3打に縮まったが、公式戦3つ目のタイトルは目の前にある。

気が早いのは百も承知だ。けれど、多くの人が「ジエは盤石」と言うほどいまの申は強い。12番から2ホール続けて12m以上のバーディパットを流し込み、一時は通算14アンダーにスコアを伸ばした。14番でダブルボギーを呼び込む1WショットのOBがあったが、「雨が降っていたので距離が出ず、ボールが前に行かなかっただけ」とニコニコして受け流した。

最終日の優勝は前人未到の記録への挑戦権になる。日本女子プロゴルフ協会が現在、公式戦(メジャー)に認定しているのは4大会。1968年に「日本女子プロ選手権」と「日本女子オープン」が始まり、現在の「LPGAツアー選手権リコーカップ」が80年に準公式戦から“昇格”した。さらに2008年に「ワールドレディス選手権 サロンパスカップ」が加わった。

樋口久子が通算17勝で公式戦最多優勝回数を誇るが、時代背景も影響してタイトルの種類で言うと「女子プロ」と「女子オープン」の“2冠”にとどまっている。3冠達成者は、大迫たつ子をはじめ9人いるが、4冠はいない。申は2015年に「LPGAツアー選手権」で公式戦初優勝を遂げ、今年5月に「ワールドレディス」で2勝目を飾った。あす逃げ切れば、3週後の「女子オープン」(千葉CC野田コース)で、金字塔にチャレンジできる。

「それはまだ分からないです。あした話すのがいいでしょう」。確かに、そうなんですけどね…。(富山県射水市/桂川洋一)

【公式戦3冠達成選手と優勝大会の内訳】
※ワ(ワールドレディス)、選(女子プロ選手権)、オ(女子オープン)、リ(リコーカップ)
大迫たつ子/選(4勝)、オ(2勝)、リ(2勝)
森口祐子/選、オ(2勝)、リ(3勝)
ト阿玉/選、オ(3勝)、リ(2勝)
不動裕理/選(2勝)、オ、リ(2勝)
肥後かおり/選、オ、リ(2勝)
テレサ・ルー/選、オ、リ(2勝)
塩谷育代/選、オ、リ
福嶋晃子/ワ、選、リ
諸見里しのぶ/ワ、選、オ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。