ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「人生で初めて」鈴木愛は悪夢の5パット

2018/09/08 18:15


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目(8日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

鈴木愛が痛恨の5パットで優勝争いから脱落した。通算3アンダー14位タイから首位を追い、8番(パー5)でパーオンに成功しながらトリプルボギーをたたいた。通算イーブンパーの31位タイに後退。右手首痛から約2カ月ぶりに復帰した試合はムービングデーに沈んだ。

前夜からの雨が上がった正午過ぎ。バーディとボギーを2つずつ記録して迎えた8番、鈴木が悪夢を見た。3オンさせた後、手前からの20m以上のバーディパットは、段を上りきらずに元の位置に戻ってきた。セカンドパットは強すぎてピンの脇をそれて奥のカラーへ。さらにそこからパターで3打を要してカップインさせた。

フェアウェイからの3打目も「しっかりフェアウェイから打ったのに、(グリーン上の)段に当たって手前に戻ってきてしまった」と残念がった。欠場が続き、試合勘を取り戻そうとしているところで、おまけに連日の雨とパットの距離感もつかみにくい。「パターで5回打ったのは人生で初めて。4パットもほとんどない。カチンときました」と唇をかんだ。

「腹が立ってしょうがなかった。やっぱり平常心で戦うのは難しい」と精神的なダメージも大きかった。続く9番以降は8ホール続けてパーを並べ、トップとの差は12ストロークに。最終日こそイライラを静めるプレーで締めくくりたい。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。