ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

北海道在住の小祝さくら、菊地絵理香は被災に動揺

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(6日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

北海道出身の女子プロゴルファーが胸を痛めた。大会初日の6日(木)午前3時8分頃、震度6強の地震が同地を襲った。前週の「ゴルフ5レディス」で惜敗したものの、今週も5アンダーの首位タイ発進を決めた小祝さくらは北海道・北広島市在住。家族の無事を確認したが、交通網などの打撃は深刻。前日5日(水)朝までに接近した台風21号の影響も大きいという。

午前7時17分のティオフに備え、3時半に起床した小祝はその直後に地元の被害を知った。ツアーに帯同している母・ひとみさんが、自宅にいる祖母の泰子さんと連絡を取り合い、家族の無事を確認。同地の震度は5で「地震の影響は停電したくらい」だというが、「それよりも台風の被害の方が大きいみたいです」と心配した。

ホームコースにしている札幌リージェントゴルフ倶楽部は、クラブハウスの屋根がはがれ、折れた木々が散乱。小祝の自宅と、近隣で母が営む飲食店周辺には傾いた家屋もあり、道路が崩れ、水浸しになるなどの被害があった。

苫小牧市出身、千歳市在住の菊地絵理香も3アンダーの13位タイと好スタートを切ったが、こちらも「心配ですね…」と表情を曇らせた。起床後にテレビをつけて、情報をキャッチ。「津波の影響はなくてまずは良かった。台風の影響は大丈夫だと聞いた」という。

宮城・東北高出身で、2年前の「KKT杯バンテリンレディスオープン」開幕前夜に熊本地震を経験した。「私たちにできることは限られている。帰っても何もできないに等しい。今週はゴルフを頑張って結果を出したい。それが今、私にできることかなと思います」と言葉に思いを込めた。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!