ニュース

国内男子ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)の最新ゴルフニュースをお届け

星野陸也がツアー初エースで100万円「1日遅かった」

2018/09/06 17:12


◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝戦) 4回戦(6日)◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇7115yd(パー72)

3回戦で敗れて17位決定戦に回った星野陸也が、小林伸太郎に7&5(5ホールを残して7アップ)の大勝を決めた。前半8番のパー3では、ツアーで自身初となるホールインワンを達成。「1日遅かったですね」と苦笑いだったが、主催者の計らいにより100万円の贈呈を告げられ、「計算外のことなので嬉しい。感謝したいです」と臨時ボーナスを喜んだ。

実測169yd、風は右からのフォロー。「9番アイアンで160ydちょっと。思い切り振ったらピンをスジって、奥に落ちたボールが消えて。バックスピンで入ったのかな?」。ティグラウンドからはエースの確信はなかったが、ボールは見事にカップの中に納まっていた。

昨夜はたっぷり睡眠をとり、「きょうが一番、体がすっきりしていた」と疲労気味だった体調は回復。3回戦の敗因としていた飛びすぎるアイアンの距離感も、「けっこう合っていた」と普段の感覚に戻った。ホールインワンも飛び出し、3回戦負けの悔しさも少しは晴れたのか。「きのう勝ちたかったけど、しょうがないですね。しっかりと勝つことができたし、負けで終わらずに良かったです」と笑顔だった。

前週「フジサンケイクラシック」で初優勝を飾ったばかり。期待の22歳は、敗退が決まったマッチプレー戦でも存在感を示した。(埼玉県鳩山町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。