ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

勝みなみ プロ初の首位発進「優勝できるゴルフ」

2018/04/20 19:42


◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 初日(20日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

太平洋を横目に快調にスコアを伸ばした。ツアールーキーの勝みなみが6バーディ、ノーボギーの「65」でプレー。「ショットもパットも今シーズンで一番よくて、悩みなく振れました。70点ぐらいかな。10アンダーぐらいは出したかった」。6アンダーで昨年7月のプロテスト合格後、レギュラーツアーで初めてとなる首位発進を決めた。

前半3番で残り119ydの第2打をPWで手前2mにつけてバーディとすると、7番では残り183ydを5Iで8mにつけて2つ目のバーディ。「ショットはピンに向かって飛ぶイメージしかないです。アイアンも“構えたら当たる”気しかしません」と、あどけない笑顔で圧倒的な自信をみせた。

日々、プロ意識を高めてきた。野菜好きという19歳にとって体を支える食事は生命線。揚げ物は口にせず、タンパク質は納豆、鶏肉などから摂取する。週に1回の体のケアも欠かさず「体の疲れは今のところありませんね」。東京の自宅ではプロテスト合格を記念に購入した約50万円の高級マットレスに身を委ねる。

アマチュア時代の2014年「KKT杯バンテリンレディスオープン」でツアー最年少優勝(15歳293日)を成し遂げた。2度目の優勝へ期待も大きいが「何が起こるかわからないのがゴルフというスポーツ。あしたは一打一打、目の前のことに集中できればいい。きょうのゴルフができれば優勝できると思います」と話した。(静岡県伊東市/玉木充)

関連リンク

2018年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~