ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

自らデザイン 青木瀬令奈の地元愛ウェッジと似顔絵ボール

2018/03/30 09:32


◇国内女子◇ヤマハレディースオープン葛城 初日(29日)◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(静岡県)◇6564yd(パー72)

首位と1打差の3アンダー2位タイで発進した青木瀬令奈のキャディバッグには、見慣れない名前のウェッジが2本ある。地元・群馬県のメーカー、グラインドスタジオ製で「中学時代からここのウェッジを使い続けている」という52度と58度のプロトタイプだ。

青木は男子プロの紹介で、このウェッジ専門のメーカーを知ったという。「使いやすいのが一番ですが、地元ということもありお世話になっている。かなり止まりやすいです。都丸(和寛、とまる・まさひろ)さんという方が作っているんですけど、別名“止まる”ウェッジと呼ばれているんですよ」と明かした。

初優勝を遂げた昨季の「ヨネックスレディス」でも同社のウェッジで戦ったが、今季は新たに作ってもらったモノを使用する。ヘッド部分のデザインにこだわり、自ら提案して赤文字で名前を刻印したほか、「わたし的に最大のポイントです」というハートマークを入れた。穴井詩らも同メーカーの製品を使っていたとし、「飛ばし屋さんが入れるってことは、本当に良いものだという証明だと思う」と話した。

ボールは、自分のイラストが描かれたモノを使用する。プロアマ戦でゲストらとの話のきっかけになるといい、「欲しいと言われることがよくあるんです。喜んでくれる方がいるので、ボールの見た目もこだわっています」とアピールした。(静岡県袋井市/林洋平)

関連リンク

2018年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~