ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

「メリハリのあるゴルフ」で永峰咲希が首位浮上

2017/09/23 18:44


◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 2日目(23日)◇利府GC (宮城)◇6551yd(パー72)

今シーズン5人目の初ヒロイン誕生なるか。22歳のプロ4年目でツアー初優勝を狙う永峰咲希が6バーディ、2ボギーの「68」でプレーして、通算6アンダー首位タイで最終日を迎える。

1番を3パットボギーとしたものの、前半をイーブンパーで折り返した。後半11番(パー3)ではティショットを1mにつけてバーディ。続く12番で残り149yd、右ラフからの第2打を7Iでピンそば50cmにからめるショットで連取。8mを流し込んだ14番(パー5)、15番(パー3)では7mを沈めて猛チャージした。

「ティショットが安定せず、ラフから打つことが多かった」と、この日のフェアウェイキープ率は28.57%と低迷。それでも「(ピンチも)“お先”の2パットで乗り切って、チャンスで拾ってメリハリのあるゴルフができた」と振り返った。

今季は27試合に出場して予選落ちは6回、賞金ランクは52位。もともと「ネガティブになる癖がある」ことから、不調を嘆いて自信を喪失していた。だが先週の「マンシングウェアレディース東海クラシック」では今季2度目のトップ10入りを果たし、調子も上向きつつある。課題をクリアして積みあげてきた自信がこの日のラウンドにも現れた。

「パッティングも良い。ティショットがフェアウェイに行けばチャンスもある。その先には優勝のチャンスもある」。永峰はいつだって、背筋をピンと正して、肩で風を切って歩く―視線の先には、初優勝しかない。(宮城県利府町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!