ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 事前

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 事前情報(22日)◇利府GC(宮城県)◇6551yd(パー72)

表純子(ディフェンディングチャンピオン)

「このコースは、パターが入るイメージがありますね。今日も(プロアマ戦で)午前中は長いのが入りました。成績が良いからかな…。ここは結構、良いイメージがあります。グリーンが止まるので、パター戦になると思います。いっぱいバーディを獲りたいです」

イ・ボミ(賞金ランキング1位)

「(体調は)元気です。こっちは涼しいから、体が疲れる感じではないですね。先週は韓国に帰って、友達に会ったり、家族と家で遊んだりしてゆっくりと過ごしました。火曜日は父の法事がありました。去年はできなかったけど、今年できて良かったです。スイングに関しては、軸がぶれていたのが分かった」

テレサ・ルー(前週優勝)

「ここはグリーンとグリーン周りが難しい。グリーンはアンジュレーションがすごくあって、下りのパットが難しい。先週より、今週の方が速いと思う。先週は運が良かった。実力があれば、OBは打たないですよ(笑)。(キャディを変えたのは)気分転換だし、新しいチャレンジ。慣れていないキャディだから、コースマネジメントは不安があるけど」

横峯さくら(2年ぶり出場)

「アメリカに行ってから、フェードを打とうとしても逆球が出ることが多くて、最近はフェードをあきらめようかなと思っていた。(プロアマ戦で小林浩美会長とラウンドして)『左に振ることが大事』とアドバイスをもらって、ストレート系のフェードボールが出るようになってきた。これから練習して戻していけたらと思う。ダンロップさんにはお世話になっているし、スポンサードしていただいているので、恩返しできれば良いと思う」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。