ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

オフに手術を控える川岸史果が2位発進 父・良兼のエールも支えに

◇国内女子◇LPGA新人戦 加賀電子カップ 初日(8日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉)◇6526yd(パー72)

今年のプロテスト合格者21選手で競う2日間大会で、22歳の川岸史果が3バーディ、1ボギー「70」で2アンダー2位につけた。このオフには古傷である右足の手術を控えるが、首位の高橋恵とは2打差の好位置。歴代賞金女王たちも掲げてきたカップを目指し、男子プロ・川岸良兼の愛娘が最終日の逆転を狙う。

この日はショットがさえた。同コースで11月開催の「伊藤園レディス」第2ラウンドでは、「65」を出すなど好相性の舞台でもある。「風が出て難しかった」と言うが、12番(166yd/パー3)は6Iで80センチにつけてバーディ。左サイドに池のある難関の18番は、105ydから1.5mにつけてバーディで締めくくった。

今大会を終えると16日(金)に入院し、19日(月)には手術を控えている。今年7月、4度目の挑戦で初めて通過したプロテスト初日に、痛みが出たという右足腓骨(ひこつ)の古傷。最初に痛めたのは、日本大学高2年のときに修学旅行でオーストラリアを訪れた時だった。街中を歩いているときに足を滑らせ、松葉杖をついて帰国した。

以前に病院で受けた診断結果は、骨や軟骨の一部がはがれ、その欠片が関節内を動きまわり激痛を伴う『関節ねずみ』。時間の経過とともに痛みは和らぎ、プレーに大きな支障はなかったが、来年には「楽しみな1年」が待っている。今月の最終予選会(ファイナルQT)で26位に入り、自身初となる来季のフル出場権(例年35位以内で翌年のフル出場が可能とされる)を得て、オフのうちに手を打つことを決断した。

普段は一緒に暮らす実家で、ゴルフの話はしない父も、QTの最終日ばかりは喜んでくれたらしい。帰宅すると、家の前にいた父から無言でハイタッチされた。「珍しい…」と照れたが、受け取ったエールは今も川岸の心強い支えになっている。「巻き返すチャンスはある」。最終日に力を込めた。(千葉県長南町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。