ニュース

国内女子日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミを襲ったウナギ事件とは?

2016/09/10 16:55


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目(10日)◇登別カントリー倶楽部(北海道)◇6750yd(パー72)

さすがのイ・ボミ(韓国)もちょっぴり弱音を口にした。「昨日から右手が痛くなって、今朝、起きたら首も痛くて…。ラフが深いし、下が濡れているから力が入ったのか…」。

この日、スコアカードにはボギーが5つ。最後までバーディを奪えずに「77」とし、通算8オーバーの26位に順位を落としてうなだれた。

ところでイといえば、金曜日に鰻を食べて縁起をかつぐ。昨年、2連勝した「ニトリレディス」「ゴルフ5レディス」から“勝負メシ”となっているのだが、前週の美唄、今週の登別での2週間は、その鰻にありつけていないという。関係者によると、2週間鰻を食べなかったことは、この1年で記憶にない珍事(!)だという。

イがわざわざ出向いて食べるのは、活きのいい生の鰻をその場で調理してくれる店だ。前週の金曜日にはそんな店を見つけたが、「土曜日に入荷するんです…」と品切れ。今週は練習日にチーム関係者が近郊を探し回ったが、一軒もなかったという。

「そうなんです。鰻を食べていないからですかね…」と、3日目を振り返ったイ。とはいえ、最近ではイが金曜日に鰻を食べる習慣を聞きつけて、めぼしい店ではファンや一部メディアが、待ち伏せをする状況も起きているという。

「何か、新しいのを探さないとだめですかね?何がいいですか?」。店や近隣を気にかけ、そう話した。新たな勝負メシの開拓も、2年連続賞金女王戴冠を目指すイにとって、緊急の命題なのかもしれない。(北海道登別市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。