ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ウニ2つで笑顔 お疲れイ・ボミの北海道“残暑”ツアー

前年覇者のイ・ボミ(韓国)が今週も記録に挑む―。2日に開幕する国内女子「ゴルフ5レディス」(北海道・ゴルフ5カントリー美唄コース)で、ツアー最速タイ「147試合目」での通算20勝到達がかかる。昨年にアン・ソンジュ(韓国)が達成した記録。出場7試合ごとに1勝以上するペースのスピード記録に名を連ねるには大会連覇が必要だ。

「アンちゃんの記録はすごいと思っていた」と驚愕していたスピード記録への挑戦。だが、開幕前日、プロアマ戦に出場したイは、少々お疲れ気味だった。本人の希望とは無関係に毎週発生する記録の重圧は、形こそ見えないが確かにある。さらにこの日は気温が30度まで上昇。この時期の美唄市は平均気温が20度ほどということもあり、連戦のカラダに追い打ちをかけるような天気に「暑いですよ~」と苦笑で肩を落とした。

前々週「CAT Ladies」は大江香織全美貞との3人のプレーオフを制して優勝。前週「ニトリレディス」は4日間72ホールの後、笠りつ子とのプレーオフにもつれ込み2位。ツアーではこの2週間で最もプレーしたホール数の多い選手だが、ニトリで優勝を逃した翌日の8月29日(月)には、次週の国内女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権」の登別CCで練習ラウンドも敢行したという。

「疲れましたよ」。ふっと吐き出すように語った後、頬に笑みが浮かんだのは、その練習ラウンド後に食べたあるご褒美を思い出したせいだった。29日夜、清水重憲キャディの奢りで寿司店に行き、大好きなウニを「2つも食べちゃいました」とか。ペロリと舌を出すと、ぼやきモードから切り替わった。「落ち着いてやりたい。勝ちたい気持ちは変わらない」と、いつものように笑顔で意気込んだ。(北海道美唄市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。