ニュース

国内女子日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

台風の仕業で想定外 伸びたラフは入れたら出すだけ?

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 3日目(10日)◇登別カントリー倶楽部(北海道)◇6750yd(パー72)

予選カットラインは8オーバー。これは、今大会直近7年での予選カットのワーストスコアを更新した。

<< 下に続く >>

8月に北海道を相次ぎ襲った台風の影響で、コース内に芝を刈る機械を入れることができなくなり、想定の100ミリを超えて150~160ミリまで伸びた深いラフと、狭く絞られたフェアウェイが選手たちを苦しめている。

2日目を終えて通算1アンダーの2位につけた申ジエは「足の裏から冷や汗が出るくらい緊張する」と形容する。「このコースはダブルボギーもすぐ出るし、1ホールでスコアのアップダウンが大きい。フェアウェイも軟らかいし、本当に疲れます」と、心身ともにタフな戦いを表現した。

飛距離があっても、攻略が容易になるわけではない。フェアウェイは一貫して狭く、少数のロングヒッターしか踏み入れない区域のラフは、より深く立っている。

日本ツアーで3度の賞金女王に輝いたアン・ソンジュ(韓国)は、初日の「76」の後、2日目には1バーディ、10ボギーの9オーバー「81」をたたいて予選落ち。2011年の「ダイキンオーキッドレディス」3日目の「80」を下回る、日本ツアーでのワーストスコアとなり、2日間で姿を消した。

通算8オーバーでかろうじて予選通過を果たした渡邉彩香は、困ったように首を振った。「結果的には(ティショットを)アイアンで刻んだ方が良かったのかもしれないけど、そうしたら(ロングヒッターの)私の持ち味が出ないし…」。

予選ラウンド2日間の平均スコアは「76.4253」。開幕前、賞金ランクトップに立つイ・ボミ(韓国)が語っていたのは、「マネジメントはない。ラフに入ったら出すだけです」というシンプルな割り切りだ。まずはラフに入れないこと。ラフに入れたら、無理をしないこと。決勝ラウンドでも、中途半端な欲を持つことが最も危険と言えそうだ。(北海道登別市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!