ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

「今年は申年、わたしの年」申ジエ、貫禄勝ちの3連覇

国内女子ツアー「ニチレイレディス」最終日、3位から出た申ジエ(韓国)が通算12アンダーで逆転。1988年のツアー制度施行後、史上3人目となる同一大会3連覇を達成した。アマチュアの勝みなみ(鹿児島高3年)を2打差で追って出ると、5バーディ、1ボギー「68」でプレー。「風予報(の日)でアマチュアとプロの差が出る。経験値が勝ると思っていた」と、自信のみなぎる貫録勝ちだった。

世界女王に登り詰めた精神力が17歳を飲み込んだ。勝と同じ最終組で、4番までパーを並べた。5番でチップインバーディを奪い、拳をにぎった。6番では約8mのバーディパットを沈めた。このホールをボギーとした勝を抜き去ると、後半は一人舞台だった。さらに2打伸ばし、3打差で悠々とゴールテープを切った。

同一大会3連覇は、ローラ・デービースアニカ・ソレンスタムに続く快挙。今季はイ・ボミ(韓国)が「ほけんの窓口レディース」、テレサ・ルー(台湾)が「リゾートトラストレディス」で挑んだが、達成できなかった。

珍しく応援に来た父チェソップさんに贈るプレゼントになった。この日は56回目の誕生日でも、父の日でもある。風景写真家の父は世界で撮影し、普段は会うことが少ない。「父から『良いプレーを見せてくれてありがとう』と言われた。嬉しいです」と、娘の表情を見せた。

賞金女王へ視界良好だ。今大会で優勝賞金1440万円を加算。今季の獲得額を7545万円余とし、トップに立った。「良い流れで来ている。このまま行きたい」と意気込む。今年は申年だ。「わたしの年、なんじゃないかな」。余裕しゃくしゃく、おどけてみせた。(千葉市若葉区/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!