ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

3連覇へ申ジエ レアキャラ父への親孝行に高ぶる気持ち

国内女子ツアー「ニチレイレディス」は17日、千葉市の袖ヶ浦CC新袖Cで開幕する。史上3人目の同一大会3連覇を目指す申ジエ(韓国)は、前日のプロアマ戦で最終調整を行った。プレッシャーを感じる様子はなく「調子は良い。自信をもって臨めるコース」と意気込んだ。

2戦2勝で勝率100%と、相性抜群のコース。多くの選手が「フェアウェイが狭い」と攻略に手を焼く中、「ショットの正確さを出せるコースなので」と貫録十分。「アグレッシブに攻めるゴルフをしたい」と、余裕の笑みを浮かべた。

3連覇を達成すると、ローラ・デービース(イングランド=伊藤園レディス、1994~96年)、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン=ミズノクラシック、2001~05年の5連覇)に次ぐ快挙となる。

今季はイ・ボミ(韓国)が「ほけんの窓口レディース」、テレサ・ルー(台湾)が「リゾートトラストレディス」で大会3連覇に挑戦したが、達成できなかった。申は3連覇について「そんなに意識していなかったけど、コースに来たらいろんな人に言われる」と微笑んだ。

「もともとモチベーションが高かったんですよ」と言うのは、父チェソップさんが会場に駆けつけているから。風景写真家で、普段は世界中を飛び回る。多忙のため、応援に来るのは年1、2回で、今季は初めてという。

大会最終日の19日は父の56回目の誕生日で、父の日でもある。「親孝行できるように」と高ぶる気持ちは、快挙へ向けて追い風となりそうだ。(千葉市若葉区/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!