ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

馬場ゆかり 来季出場ペースダウンで「婚活したい」

2015/12/04 18:52


「本当に疲れました」。疲弊した体からなんとか言葉を振り絞った。千葉県の紫カントリークラブすみれコースで行われた国内女子ツアーの来季出場優先順位を決めるファイナルQT最終日、馬場ゆかりが通算9オーバーの51位でフィニッシュした。

今シーズンは31試合に出場し、10試合で予選落ち。賞金ランク53位で、同ランク上位50人に与えられるシード権にわずかに届かず、2005年から維持してきた賞金シードを失って、QTに回った。例年、QTで35位前後に入れば、出場資格が限られた試合を除くほぼ全試合への出場が可能となるが、来季は出場試合数が限られることになった。

<< 下に続く >>

「来年はもともと試合数を減らそうと思っていた」という。今月33歳を迎える馬場にとって、遅かれ早かれ、現役選手として、女性としての一線を引かなければならない時期が来ることを、以前から覚悟していた。「35歳くらいまでかなと思っていた。それが少し早まっただけ」。

国内女子下部ステップアップツアーには出場でき、同ツアーで優勝して、レギュラーの出場資格を得られるチャンスもある。だが、馬場は「シーズンを通して、いいゴルフができなかった。しばらく休んで、今後のこと、自分のやりたいことを考えたい」と話す。

あくまでペースダウン――。「出られる試合には全力で臨みたい」と明るく振舞う。「現役で転戦を続けていると、じっくり考えたり勉強したりする時間が取れなかった。プロを目指すこどもたちに、ゆくゆくはアドバイスをあげられるように」というのが、先に描く青写真だ。

もうひとつやってみたいことがあるという。「“婚活”したい。こどもが早く欲しいので」。キッカケやタイミングは、誰しも望んだときに来るものではないけれど“思い立ったが吉日”という言葉もある。この転機を、自身を見直す時間ととらえ、新しい一歩へ実りある糧とする。(千葉県野田市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!