ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

首位の成田美寿々 難コースが闘争心に火を点ける!?

2015/08/28 17:59

復調したパットで6バーディを奪った成田美 復調したパットで6バーディを奪った成田美寿々が首位タイの好発進

好調さは最大の武器となる。北海道の小樽CCで開幕した「ニトリレディス」の初日、成田美寿々が6バーディ3ボギーの「69」をマーク。3アンダーとして、6選手が並ぶ首位に名を連ねた。

「ショットは90点と45点が交互にあるみたいな…」。良いショットが出ればバーディ、悪いショットが出ればボギー。紙一重のこの差に、安定感こそ欠いたものの、6つのバーディを量産した。インスタートで序盤からバーディを先行し、イーブンパーで迎えた最大の難所16番に加え、17番(パー3)、18番の3ホールをすべてパーでしのいで前半を折り返した。

火曜日に行った練習ラウンドから、徐々にグリーンスピードにも慣れてきた。この日、コースを吹きぬけた風は、比較的穏やかだった。ましてや7月の「全英-」に出場した成田にしてみれば、ターンベリーに吹く風に比べ「たいしたことはない」。自身の調子の良さもあって、後半のアウトコースで4つのバーディを奪った。

先週の「CAT Ladies」で“生まれて初めて”寝覚めから気になるくらいパッティングに悩んだ。試行錯誤の末、「世界のトップ選手が使っているから」と2ボールタイプのパターを今週、バッグに投入した。「高速グリーンだから、あまり打たなくていいのでボロが出ていない」と笑うものの、自信を取り戻せたという。

「今までプレーしたコースの中で一番好きかもしれない。攻略は難しいけれどメンテナンスもいい、メジャーの舞台になるくらいのコース」と惚れ惚れ。「痛い目に遭った方が、自分は奮起できるタイプ」と自認する成田にとって、ここ小樽CCは闘争心に火を点ける恰好の舞台となりそうだ。(北海道小樽市/糸井順子)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには植竹希望プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~