ニュース

国内女子サントリーレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

“狙って”完全優勝 成田美寿々を駆り立てる目標

「サントリーでやってやる!って最初から思っていました」。狙いを定めた4日間大会で、成田美寿々が自身初の完全優勝を成し遂げた。4打差リードの単独首位から出た「サントリーレディス」最終日を3バーディ、1ボギー「70」にまとめ、通算16アンダーで逃げ切り優勝。追いすがる賞金ランクトップのイ・ボミ(韓国)を2打差で振り切り、今季2勝目を飾った。

成田が今週にターゲットを絞った理由は、海外メジャーへの出場にあった。今週を終えた賞金ランク上位5人に与えられる、7月開催の「全英リコー女子オープン」出場権。成田は今週を前に賞金14位で、獲得するには優勝しかなかった。海外メジャー出場にこだわるのは、その先にある2016年のリオデジャネイロオリンピック出場を目標にしているためだ。

<< 下に続く >>

来年7月時点の世界ランキングで、日本人の上位2人が自動選出されることとなりそうな代表(最大では4人)の座をつかむためにも、少しでもランキングを上げておく必要がある。「海外メジャーは(付与される)ランキングポイントが高い」ため、日本ツアーを主戦場とする成田にとっては、年に数回の「どうしても出たい試合」になる。

強い思いは、あらゆるところから見てとれた。2週間前からパターのグリップをクロスハンドにしたのも、今週を見据えた準備の1つだという。今週月曜日には美容院に駆け込み、刈り上げに近い“気合い”の短髪にしてきた。

そして、最終日のハイライトとなった16番(パー3)。1打差に詰め寄ったイ・ボミが池のそばに切られた左ピンの奥4mに乗せると、成田も負けじとリスクの高い左サイドを8Iで攻め、イとほぼ同じ距離とラインにつける。イがわずかにバーディパットをショートさせた後、成田がラインに乗せたボールはゆっくりとスロープを下ってカップに吸い込まれ、その瞬間、成田は鬼気迫る形相で力強いガッツポーズを作ってみせた。「ブワッと鳥肌が立った」。実質的な決着の1打。狙って取ったツアー7勝目の感慨が押し寄せてきた。

前年の賞金ランク5位の資格により、約1カ月後の「全米女子オープン」出場も決めている。「全米、全英で優勝できるように、最善を尽くします」。海外メジャーの出場は今回と同様にプロセス。目的を果たすため、もちろん最高の結果を狙っていく。(兵庫県神戸市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 サントリーレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!