ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

西山ゆかり 縁ある地で連続ノーボギー記録更新なるか

今週も話題の人に。西山ゆかりは今週、記録更新をかけてプレーする

いい流れ、というのはこういうコトを指すのかもしれない。2週前の「meijiカップ」で師匠の芹澤信雄とのタッグでツアー初優勝をつかんだ西山ゆかり。プロ7年目での悲願を達成した翌週の「NEC軽井沢72」では4位に入り、今週の「CAT Ladies」は“日本記録”をかけてトーナメントを戦う。

前週3日間をノーボギーで終えた西山は、現在55ホールでボギーなしのスコアを続けている。日本記録は2004年にアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が記録した連続80ホール。今大会の2日目に西山が更新する可能性がある。

「芹澤さんにバッグを担いでもらってから、攻め方が変わってきた。ターゲットを決めて迷いなくショットを打てている。だからミスをしても、そのあとの気持ちが違う」とメンタル面の充実を胸いっぱいに感じているところ。「記録を更新したら大変なこと。1ホール、1ホール頑張りたい」と意欲的だ。

大箱根CCは今年4月に芹澤が立ち上げた「チームセリザワ ゴルフアカデミー」の本拠とあって、地元神奈川の中でも知識があるコース。ちなみに、その芹澤は今週、近隣の静岡・裾野カントリー倶楽部で国内シニアツアー「ファンケルクラシック」に出場。師弟でプレーヤーとしての健闘を誓い合うなど、なんとも話題に事欠かないここ3週間となっている。

なお、連続ノーボギー記録については申ジエ(韓国)が「meijiカップ」2日目の14番からツアー史上2位タイとなる77ホールを連続記録中。今週の第1ラウンドで4ホール目までパー以下のスコアを並べれば、西山に先んじて日本記録を更新する。(神奈川県箱根町/桂川洋一)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには植竹希望プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~