ニュース

国内女子meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/meijiカップ2日目

フォン・シャンシャン 7バーディ2ボギー「67」、通算5アンダー、首位タイ

「きょうは攻めていこうと決めていた。思った通りにプレーできたのは良かった。バーディチャンスもたくさん作ることができた。きのうは風のジャッジが良くなかったけど、その経験もあって、風の判断が良くなった。5番でボギーを叩いたけど、獲り返せると思っていた。ベスト10に入ることが目標です」

服部真夕 7バーディ1ボギー「66」、通算4アンダー、3位タイ

「バーディ量産は、ピンの近くに寄せるよりも、乗せる位置に気をつけた。ショットの調子も良く、ドライバーが良ければ90%くらいの出来。きょうはパー5でアゲンストの風が吹いていたので、ロングヒッターには有利。飛べば前から打てるので自分にとっては良かった」

藤田光里 7ボギー「79」、通算9オーバー、予選落ち

「ショットが曲がりすぎて疲れた。ミート率も悪く、風も攻略できなかった。昨年はこの試合からガタガタ行ってしまったけど、今年はそんなことがないように色々とショットを試した。いつもなら集中力が切れそうなところが、今週は地元の応援団も来てくれて堪えられた。良い成績を見せられなかったのは残念」

山口春歌 1バーディ、3ボギー、1ダブルボギー「76」、通算10オーバー、予選落ち

「前半はパーセーブで耐えるゴルフができ、チャンスを待って18番でようやくバーディがきた。後半は思い切ってピンを狙って行ったけど、ショットがぶれてしまってチャンスにつけられなかった。(プロデビュー戦としては)とても悔しい。いいスコアで回りたかった。これからプロとしての課題も見つかった、よい2日間だった」

関連リンク

2015年 meijiカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~