ニュース

国内女子ヨネックスレディスの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/ヨネックスレディス2日目

表純子 5バーディ1ボギー「68」、通算9アンダー、首位タイ

「ショットが悪い分、パターが入ってくれたのでスコアを伸ばすことができた。8番のボギーは3パット。後半は風が回っていたので、読みづらかった。優勝して早くシードを決めたい。あしたのプランはまだ考えていないけど、1打1打大切にできたらいい。このコース、足腰はしんどいけど、ここにくると本当に元気なれる(笑)」

菊地絵理香 4バーディ1ボギー「69」、通算6アンダー、4位タイ

「ショットは良くない、パットも良くない、なんとなくスコアが出ている感じで不思議。それでもこのコースは距離が短いので、チャンスホールがあるから、ごまかしながら(バーディが)獲れているのかなと。風は嫌いだけど、(自身の)調子が上がっていないので、スコアが伸びない展開のほうが、チャンスはある。勢いのあるうちに早く2勝を挙げたい」

永峰咲希 3バーディ1ボギー「70」、通算5アンダー、単独6位

「チャンスというチャンスにつかなかったけど、パッティングもしっかり打てていた。(8番、17番の)長いバーディパットはご褒美。きょうは全体的に、思い通りのゴルフが出来ていた。きょうみたいにチャンスが少ないと苦しいので、あしたはピンをさせるようなアイアンショットでチャンスにつけていきたい。そうすれば優勝争いに加われるかな」

若林舞衣子 3バーディ4ボギー「73」、通算1オーバー、32位タイ

「前半はショットが思うように行かなくて苦しいゴルフだった。3オーバーまで行って後がないってドキドキした。後半はショットが復調したわけではないが、ピンについたところで入ってくれて、3つバーディが獲れたのは良かった。きょうは32位で良い位置とは言えないけど、あしたは上位に行けるように頑張りたい」

関連リンク

2015年 ヨネックスレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~