ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/スタジオアリス女子オープン最終日

テレサ・ルー 6バーディ、1ボギー「67」 通算3アンダー4位

「先週から昨日まではアイアンのテンポが合わなくてうまく打てなかったけど、今日はイメージ通りに打てた。(史上9番目のスピードで、生涯獲得賞金3億円突破)そうなんですか!こんなに早く達成できて嬉しいです。来週は台湾に戻ってゆっくり休みます。疲れをとって、フジサンケイからまた頑張ります」

森田理香子 1イーグル、4バーディ、3ボギー「69」 通算2アンダー5位

「(10番の)イーグルは嬉しかったです。ショットはまだ不安なところもあるし、思い切り振れないところもあるので、大事なところでもうちょっと振っていければ。ショットが曲がってもリカバリーできたから今週は良かったけど、来週休みなので、練習して少しずつ自信をつけていければと思う」

岡村咲 3バーディ、4ボギー、1ダブルボギー「75」 通算2オーバー15位タイ

「最終組はもっとピリピリしているかと思ったけど、想像とは違いました。同級生の成田がいたので、いつもと変わらないゴルフができてほっとしている。初めての最終組は充実していた。同級生の優勝を見ることもできたし、すごく刺激になりました」

西智子 6バーディ、3ボギー「69」 通算2オーバー15位タイ

*ローアマチュア
「(アマの)松原由美さんと3打差だったので自分が伸ばさないと無理だと思って、基本的にずっと狙っていこうと思いながらのラウンドでした。それでも、後半でここまで伸ばせたのは運も大きい。60台で回れて自信にはなったけど、もっとショットの精度を上げるとか、課題はいろいろあるし、プロテストも5月6日に2次予選があるので、しっかり練習したい。来年はプロとして帰ってきて、優勝争いできるようになりたい」

関連リンク

2015年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~