ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

藤本麻子は涙が止まらず・・・4パットを含む38パット

2015/04/05 19:52


国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の最終日。4打差リードの単独首位からスタートした藤本麻子は1バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「76」を叩き、通算3アンダーの4位で終戦。4季ぶりのツアー通算2勝目を逃し、ホールアウト後は悔し涙に暮れた。

前週まで平均パット数1位を誇っていたグリーン上で、まるで別人のようなプレーが続いた。前半5番(パー5)では80センチのパーパットを外して3パットボギー。9番では6mのバーディパットを2mオーバーさせると、再び1mほどカップ脇を通過した返しも外して4パット。痛恨のダブルボギーを叩き、一気に首位の座から滑り落ちた。

15番(パー5)で初バーディも、直後の16番で2mのチャンスがカップを蹴り、再浮上へのきっかけをつかめないままホールアウト。「ショットは良かった」というものの、この日38パットという数字が重く響いた。

「3パット、4パットをしているようではダメですね・・・」。2日目を終えた時点で、4日間大会では最多差となる7打リードの独走状態。まさかの結末に、藤本の涙が止まることはなかった。(静岡県袋井市/塚田達也)

関連リンク

2015年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~