ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

6位フィニッシュも横峯さくら「勝ちたい気持ちに追いつかない」

2014/09/21 17:30


愛知県の新南愛知CC美浜コースで開かれた「マンシングウェアレディース東海クラシック」の最終日。22位タイから出たディフェンディングチャンピオンの横峯さくらが、3連続を含む7バーディ、2ボギーの「67」で回り、通算8アンダーで6位タイに入った。トップ10フィニッシュを決めたのは、2位となった7月の「日医工女子オープン」以来となる。

後半11番から3連続バーディを奪った。11番(パー3)は9Iで放ったティショットをピンそば3m、12番(パー5)は56度のウェッジで打った残り35ydからの3打目を1.5mに寄せた。13番でも、フェアウェイ左のバンカーから8Iで2mにつけるなど、ショットが冴えた。

初日は「70」、2日目は「71」だった。「60」台を出したのも、「日医工-」の最終日以来となる。

「めちゃくちゃいいゴルフではなかった。昨日、一昨日とティショットをフェアウェイに運べていなかったのを、今日はだいたいできたけど」と振り返った横峯。「勝ちたい気持ちは強いが、私自身の調子がそこに追いついていない。気持ちだけが先に行っている」と、なかなか波に乗りきれない自身の現状を分析する。

8月には右肩痛を発症し、ほぼ初めてケガと向き合ったが、現在は「痛み止めを飲めば、普通に近い状態でできる。響くこともなくなった」と回復方向にある。再来週のメジャー「日本女子オープンゴルフ選手権競技」ではラフが深いセッティングになるが、「あまり気にならないと思う」と体調には自信を見せた。

これからの終盤戦は、休みなしで出場する予定だ。まだ勝利のない今シーズン。「優勝争いをできていないので、段階を踏んでいければ」と語り、今日のゴルフを残りの戦いへのステップにしたいと前を向いた。(愛知県美浜町/片川望)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。