ニュース

国内女子ヨネックスレディスの最新ゴルフニュースをお届け

プロテスト1位からの暗転 後悔と戦う20歳のシーズン

2014/06/06 19:44

今週開催の「ヨネックスレディス」は開幕直前に、森田理香子一ノ瀬優希ら10名が欠場。さらに、初日スタート前に大城さつきが体調不良により欠場となり、ウェイティング11番目、最後の1枠で出場チャンスが舞い込んだのは、昨年末のファイナルQTで92位に終わった倉田珠里亜だった。

倉田にとって、ようやく巡ってきた今季ツアー初戦。「久しぶりのレギュラーツアーの雰囲気の中で、いつもより集中できた」。5バーディ、1ボギーの「68」をマークし、「せっかくのチャンスを生かさないと、と思って、強い気持ちでラウンドした」との気概を、首位に1打差の4アンダー2位タイ発進へと繋げた。

2013年のプロテストトップ合格者。華々しくスタートしたプロキャリアはしかし、一転して下降線を辿った。トップ合格の資格により出場した同年の14試合で、予選落ち10回。賞金ランク108位でシード権獲得を逃し、さらに誤算だったのは同年12月のファイナルQTだった。通算23オーバーで14年シーズンのツアー出場権を逃す苦汁を味わったのだ。

倉田のQTランクで出場できるのは下部ツアーのみ。今季は「5回くらい出場した」というレギュラーツアーのマンデートーナメント(主催者選考会)はいずれも突破できず、「レギュラーに出られなくて悔しい」と、もどかしさばかりが募る日々が続いた。そして、ようやく痛感した、QTという過酷な戦いの重さ。

「ランキングが1つ違うだけで、後々で大きく違ってくる。(昨年当時は)QTがこんなに大事だとは分かっていなかったし、技術的にも気持ち的にも甘かったと後悔しています」

今季の目標を問われると、「ファイナルQTです」と即答した。その目は、全てが暗転する元凶となった、昨年末のリベンジに向かれている。「今年は絶対に上位に行きたい」。強い気持ちが、倉田を腐らせずに前を向かせるモチベーションになっている。(新潟県長岡市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ヨネックスレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。