ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/アクサレディスin宮崎 2日目

◆大山志保 4バーディ1ボギー「69」、通算8アンダー2位

「まだ、オーバーを怖がっているんですね。あれ(1.5メートル)くらいのパターが決められなかったです。1番は2メートルのアップヒルだったけど、だいぶ手前で切れてしまって。打ち切れなくて、自分でもびっくりしました。緊張は無くて、昨日よりもリラックスしていたのですが・・・。

アイアンはずっと良いし、ドライバーも飛んでいて、アプローチも打てているので、あとは本当にパットだけだと思います。初大会で初優勝。私にとっては復活優勝ですが、最後まで諦めずにプレーしたいです」。

<< 下に続く >>

◆野村敏京 5バーディ2ボギー「69」、通算7アンダー3位

「ゴルフは良いというわけじゃないけど、悪いというわけでもないです。ここは広くてプレーしやすいホールもあれば、狭く感じるホールもあるので。私は飛ぶ方なので、広いコースが好きです。(明日)昨日、今日と同じように楽しんで笑顔でプレーをしたいです。私の目標は楽しんで笑顔でプレーすること。明日も自分のできるベストのプレーをして、笑顔でホールアウトしたいです」。

◆森田理香子 2バーディノーボギー「70」、通算6アンダー4位タイ

「今日はショットがブレブレでした。逆球はないけどちょっとずつずれていました。(修正は?)大丈夫だと思います。結構(ショットが)ついていたのもあったけど、パターが入らないのもあったので、ちょっともったいなかったけど、明日もあるので大丈夫だと思います。(17番は)ようやく入ってくれました」。

◆一ノ瀬優希 4バーディ1ボギー「69」、通算3アンダー13位タイ

「あと2つくらいは入るパットがあったので、悔しいですね。ショットは疲れか、合わせに行っているのか分からないけど、腰が切れていなかったみたいです。(優勝後の予選通過は気になった?)いえ、そこは目指しているところじゃないので、気にはならなかったです。でも、(優勝後に予選落ちしやすいというのは)よく分かりました」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!