ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

堀事件、“不問”は果たして最善の選択だったか?

「アクサレディスin宮崎」2日目、ちょっぴり違和感のある光景から騒動は静かに始まった。

この日、「64」の自己ベストをマークしてホールアウトした堀奈津佳の記者会見。ハーフ「29」で単独首位に立つ快挙に、顔を上気させて真摯に質問に答えていた堀。会見を終え、数名の記者を引き連れてクラブハウス2階を歩いていると、前方のレストラン前で同門の先輩、諸見里しのぶが真剣な顔をして堀を手招きした。

2人でレストランの中へ消えると、数十分後には連れだってLPGAルームへ。なにやら不穏な空気の中、情報を集めると、堀がローカルルールの解釈を間違えて異なった処置をしていたらしい。裁定次第では、首位の選手が失格という事態も想定された。

それから数十分後、LPGAが緊急会見を開いた。

その説明によると、LPGAは初日、2日目はぬかるんだコースを考慮し、以下の特別競技規則を設定していた。「スルーザグリーンにある球は罰なしに拾い上げて拭くことが出来る。球を拾い上げる前に、プレーヤーはその位置をマークしなければならない。(マークしなかった場合は1打の罰)」

このルールを、“マークした場所から6インチ動かしてプレーしてもいい”と解釈した堀が、大会初日に5~6回、実際に動かしてプレーしていたという。(2日目は、泥がつく機会がなく球に触ることはなかったという)時には“6インチ”動かしても良いという場合もあるが、今回はそういう意図ではない。実際この文言を見て、競技委員に確認を取った選手は、「6インチではなくリプレース(元に位置に戻す)なので、注意してください」と言われたという。その一方で、堀は“プリファードライです”とLPGAの関係者に言われた、という話もある。

諸見里に確認され、堀は自らの処置が間違っていたことに気付いた。しかし、LPGAも自らが設定した文言が不明瞭で、「『リプレースしなければならない』という文言がなかった」という非を認め、「処置に誤解を招く文章である」と判断して、堀の誤所からのプレーを無罰とした。

さて、これで事件は解決となったのだろうか?堀とは違い、正しい処置をした選手はどう感じるだろう?また、堀と同じように間違った処置をした選手は他にいなかったのだろうか?もし明日堀が優勝したとしたら、その優勝をすんなり認めることはできるだろうか?

他の裁定として、規定に沿った罰打を科す。(アテスト済みなので)過少申告で失格とする、ということもできたはずだ。LPGAは言う。「それも考えましたが、毎回毎回拭いていたわけではないし、(有利だとも、そうでもないとも)どちらとも取れるので」と、あえて結論をうやむやにした。

「優勝のチャンスは何度でもあるけど、私のゴルフ人生は一回だけ。後悔だけはしたくないと思った」という堀の決意も、不明瞭に誘導された着地により意味の薄いものになる可能性がある。20歳でフル参戦2年目のプロにとっては酷かもしれないが、最後は選手自身が自らに決断を下すことができるのも、またゴルファーの特権の一つだ。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2013年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。