ニュース

国内女子ニトリレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/ニトリレディスゴルフトーナメント 最終日

全美貞/6バーディ、1ボギー「67」 通算12アンダー単独2位(今季賞金1億円突破)

「今日は全体的に良いプレーだったと思います。(アン・ソンジュとの優勝争いは)あんまり意識は無かったです。自分のプレーに集中してやっていました。(16番の3パットボギー)あれはしょうがないですね。最後、変な切れ方だったので。来週は休みます。(日本女子プロに向けて)良い流れで今年きているし、これからも自信を持って楽しくプレーしていきたいです」

穴井詩/2バーディ、2ボギー「72」 通算8アンダー単独5位

「スタート前は緊張で吐き気がしました。後半はパーを取るのがやっと。(パットがショートぎみ)手がぜんぜん動きませんでした。精神的なもの。大事にいきたい、と思った現われだと思います。(6番で首位に並んで)これからだと思ったんですけどね・・・。全体的にショットが引っ掛けぎみで、それとの戦いになっちゃいました。やっぱりもう少しやれたと思うし、悔しいです。優勝争いと言えない感じになってしまったので、もうちょっと最後まで戦いたかったです」

金田久美子/4バーディ、2ボギー、1ダブルボギー「72」 通算5アンダー8位タイ

「バーディパットは全部ラインに乗っていたけど、あとちょっとというところで止まってしまった。(雨で)昨日よりグリーンが重かったけど強く打てなくて、そろそろ打とう、と強く打ったら(14番で)3パットのボギーを叩いてしまった。次の15番(ダブルボギー)では池ポチャ。もったいなかったけど、ゴルフ自体は悪い感じじゃない。アンダーでは回れなかったけど、自信がつくゴルフはできたと思います。(今日もポジティブ?)最初(5番)でボギーがきたけど、しょうがないボギーと思えたのは成長したところだと思う。調子もいいし、そのうちにバーディが来るだろうと思えた。その当たりの切り替えはうまくできたと思います」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ニトリレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。