ニュース

国内女子日医工女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

16歳の高校生アマ、河野美桜が4位タイの好発進!

富山県の八尾CCで29日(金)、国内女子ツアー「日医工女子オープンゴルフトーナメント」が開幕。賞金ランクトップの全美貞(韓国)、先週優勝の服部真夕ら実力者たちが首位を争う中、16歳のアマチュア・河野美桜(山梨学院大学高校)が、首位に3打差の3アンダー4位タイと好スタートを切った。

スタートホールの10番(パー5)を確実にバーディ発進とすると、その後も「今日はパットが入ってくれました」と、26打に抑える好調のパットでバーディを重ねた。16番(パー3)で下りの6m、2番で4mを沈めて上位争いに加わると、最終9番(パー5)では下りの7mを捻じ込んでのバーディフィニッシュ。過去のツアー出場は、10年、11年の「日本女子オープン」2試合のみ。いずれも予選落ちに終わっていただけに、「プロの試合で初めてのアンダーでした」と、ツアー3試合目での快進撃に表情をほころばせた。

<< 下に続く >>

先週は「日本女子アマチュアゴルフ選手権」に初めて挑み、マッチプレーに駒を進められず41位タイで予選敗退。「想像していたよりも、グリーンの感じが違って距離感が合わなかった」。開幕前のイメージよりもグリーンがはるかに重く、大半がショートしてスコアメークに苦しんだという。

今週は一転して、硬く速いグリーンが舞台。「その流れもあって、昨日までタッチが合わずに不安だった」と、練習ではオーバーを繰り返していたが、「(タッチが)“ちょっと弱いかな”くらいで寄ったので、今日もそのくらいでラウンドしてきました」と短期間でグリーンの状態を把握する適応力の高さも。「自分のできる限りのことをやって、精いっぱい頑張りたいです」と、力強く目標を掲げた。(富山県富山市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日医工女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!