ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

藍、2打差5位発進に笑顔「しっかりやれている」

2012/05/04 18:51


待ちに待ったメジャー大会。初日の第1ラウンドが中止となり、この日は開幕を待ちわびた9,000人近いギャラリーが会場を訪れた。宮里藍はそんな大ギャラリーをスタートホールからうならせる。

10番スタートのこの日、残り147ヤードの第2打を6Iでピンそば30cmにつけて幸先良くバーディ発進すると、13番(パー3)で5m、14番では2m、15番(パー3)で4mを沈めて3連続バーディを奪い、順調にスコアを伸ばす。

今週は同モデルながらソール幅の厚い5番アイアンを、球を高く上げてグリーンで止めるためにバッグに入れているが、「変えてよかったとプレー中に何度も思えた」と、この選択も宮里の好プレーを手助けする。最終ホールでボギーを叩いたものの、6バーディ1ボギーの「67」で回って通算5アンダー、5位タイで第1ラウンドを終えた宮里は、「内容はすごく満足しています」と白い歯を見せた。

「調子がいい、悪いというフィーリングはないです。1打1打、しっかり自分のやるべきことをやりきれている」と、宮里の基準は明確だ。昨年は49位タイに沈んだが、「言い訳になるのであまり言いたくないんですが、時差ボケの影響が一番大きいです」と、コース以前の問題が大きいことを打ち明ける。今週は大会前週に帰国し、十分な余裕を持って月曜日からコース入りしていることが、高い集中力につながっているのだ。

「日本の芝やコースの感触もチェックできて、微調整ができました」という宮里に、死角は見当たらない。(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。