ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

大江が自己ベストの「65」、2週連続の最終日最終組へ

「フジサンケイレディスクラシック」2日目、29位タイからスタートした大江香織が8バーディ、1ボギーの「65」をマーク。自己ベストを更新する会心のラウンドで、首位に2打差の通算7アンダー単独2位に浮上。先週の「西陣レディスクラシック」に続いて最終日最終組の座を射止め、再びツアー初勝利のチャンスを引き寄せた。

昨シーズンの賞金ランキングで43位に入り初シードを獲得。第3戦の「Tポイントレディス」では初日に首位タイに立つなど、近年は加速度的な成長を見せている。この日もショットとパットが噛み合いを見せ、スタートホールの1番で5mのスライスラインを読み切るバーディ発進。さらに2番、3番と2mに絡めて3連続バーディ。その後も「ショットがとにかく良いので、ボギーのピンチがない」と、悠々とバーディを重ねて行った。

シーズン序盤から身を置いている優勝争いは、そのまま大江の成長を促す刺激となっている。「Tポイントレディス」と「西陣レディスクラシック」では、いずれも最終日で同組だった李知姫若林舞衣子が制覇。優勝者のプレーを間近で体感し、「2人とも完璧な内容だった。そういうプレーが出来ないと優勝できないと思った」と心に刻んだ。

「明日は緊張すると思うけど、優勝したいとずっと前から思っているので、それをどれだけ強い気持ちを出して戦えるかだと思います」。そんな緊張感の中に身を置く大江のキャディバッグは、実に対照的な雰囲気の彩りだ。人気漫画のキャラクターを模したヘッドカバーで埋め尽くされ、「いつも癒されています」と表情を和らげる。「700冊はある」という大好きな漫画のキャラクターも、大江の初優勝を後押しする!?(静岡県伊東市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。