ニュース

国内女子樋口久子IDC大塚家具レディスの最新ゴルフニュースをお届け

「チャンス」「残念」・・・中止に対する選手たちの反応

樋口久子IDC大塚家具レディス」2日目は、接近中の台風に伴う大雨の影響により、午前7時15分に中止が決定。競技は36ホールに短縮となり、加算賞金は75パーセントに減額となった。多くの選手たちはスタートに備えてクラブハウスに集まっており、それぞれの想いを口にしていた。

服部真夕(4アンダー、首位タイ)
「この天候じゃ中止はしょうがないと思います。明日1日、頑張るのみだと思います。明日、天気が良いのならしっかり伸ばすしかないと思います」

飯島茜(3アンダー、3位タイ)
「(2日目は)中止になるかなあと予想はしていたので、初日に良いラウンドができました。チャンスだと思って、あと明日1日頑張れたら良いと思います。今日はすることもないし、家(千葉県八千代市の実家)に帰ろうかな。埼玉県からなら、帰れると思うので」

茂木宏美(3アンダー、3位タイ)
「天気には勝てなかったですね。いろいろ協議された上での結果だと思うので、与えられたことをやるだけです。明日は気持ちを切り替えて、ベストなプレーをしたいと思います」

大山志保(1アンダー、13位タイ)
<現在は賞金ランク71位、残り3試合とシード権喪失のピンチ>
「残念ですね。この天気で良いスコアが出せる自信はないけど、やりたかったです。天候ばかりは自分で決められないので、仕方がないですね。まあ予選は通りましたし、プラスに考えて、明日は攻めて上位で終えたいです。今日はゆっくり、ショッピングにでも行こうと思います」

諸見里しのぶ(1オーバー、40位タイ)
「選手としては、冷え込んでいるし大変な状況なので、身体を休めるチャンスだと思って今日を大事にしたいと思います。明日は爆発的なスコアを出せれば追いつけるし、ゆっくり休んで明日に備えたいと思います。今日はちょっと練習をして、お休みします」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 樋口久子IDC大塚家具レディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!