ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

形の違う愛情。藍、さくらを見つめる父の開幕戦【GDOコラム】

2005/03/06 18:00


ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 最終日

昨年の日本女子オープン以来、約半年ぶりに娘の試合を見にきた宮里藍の父・優さん。「長期海外遠征の間にスイングがさらに良くなっている。特に今から指導することはないです」と練習日の優さんは終始にこやか。ワールドカップ優勝という偉業を成し遂げた娘のさらなる成長ぶりに大きな期待をしているようだった。

ところが初日から3オーバーの22位タイと苦しい展開。雨、風、寒さと最悪のコンディションとなった2日目も3つスコアを落としてしまった。「沖縄育ちの藍に、この寒さは応えたのかもしれません」と残念そうだったが、「風の影響もありタテの距離が微妙に合ってませんね。さらにパッティングもショートが多くかみ合っていない。ただし、ショットは良いので明日は巻き返せるでしょう」。その期待も叶わず、最終日も不調が続き10オーバーの27位タイでホールアウト。「パッティングを少し調整してやります」と初めて問題点を指摘してくれた。

次の試合となる米国女子ツアーのメジャー戦「クラフトナビスコチャンピオンシップ」でも優さんは観戦予定だという。「調子に問題がなければ練習日だけ見て帰ってくるつもりです。私も忙しいから(笑)」。藍の活躍に一喜一憂をしつつも、藍のゴルフに必要以上の口出しをするつもりはないようだ。

一方、期待どおり?のお騒がせを演じてくれたのは横峯親子。2日目終了後、8オーバーと振るわないさくらに「コースマネージメントが悪すぎる。最終日は俺にキャディをやらせろ」。一方さくらは「絶対やらせない」ときっぱり。多くの視線があるのにも関わらず約20分あつい親子ケンカを演じた。「パープレー以内で必ずラウンドする」と啖呵を切って最終ラウンドに臨んださくらだったが、公約を果たせず最終日は1オーバー。しかし、ラウンド後の父は報道陣に対し「今日のラウンドの中でマネージメントにミスはなかった。完璧」。

「お父さん、さくらちゃんをあんまりいじめちゃだめだよ」とギャラリーからしかられるシーンも見られるほど、悪役?を演じてきた父・良郎さん。最終日のさくらは18番でダブルボギーをたたいてしまったが、悪コンディションの中17番までは1アンダーでラウンドする健闘を見せた。「今日は初日、2日目にお父さんに指摘されたことを注意しながらラウンドし、マネージメントはほぼ完璧です」とさくら。ホールアウト直後で、まだ言葉を交わしているはずもないのに父娘は同じ内容の発言をした。

必要最小限のことしか言わない優さん。報道陣の前で公開親子ケンカまでやってのけた良郎さん。愛情表現は違うが、父の存在が2人の活躍を大きく支えていることは言うまでもない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。