ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

山下美夢有が恩返しV 山下一家ハラハラドキドキの1週間

2022/05/08 19:30


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(8日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6680yd(パー72)

優勝争いの前夜は、家族みんなが緊張で張りつめていた。「終わってもまだ緊張していました」という山下美夢有の性格は、まぎれもなく両親譲りだ。

<< 下に続く >>

最終日は6打のリードをもっていたが、余裕なんて少しもなかった。同組の青木瀬令奈安田祐香はスタートホールからバーディを決めてプレッシャーをかけてくる。「今日の目標はボギーを打たないゴルフ」と決めていたが、バーディをなかなか獲れずに「やばいな」と焦っていた。

7番までパーが続き、最終組の中で自分だけスコアが動かない。コーチを務める父の勝臣さんとは「グリーンのセンター狙いで」と話していたが、攻めに気持ちが傾いてパーオンを外し、9番、11番とボギーで後退。ついて見ていた勝臣さんも、「普段は2オンを狙わないようなパー5で狙ったり…神経が削られました」とヒヤヒヤだった。

青木に3打差まで迫られたが、そこから差を縮められることなく18番のパーパットを決めてガッツポーズ。4日間トップに立ち続けた完全優勝は、見守ってくれた家族への恩返しだ。「結果で返したいという思いがあった。本当にうれしいです」と、優勝会見では感謝の言葉とともに涙をにじませた。

大会初日の5日は母・有貴さんの誕生日。バースデーウィークは娘の優勝争いに「こちらのほうが緊張していて…」と気が気ではなかったが、最高の形での締めくくりに「言葉にならないくらいうれしいです」と有貴さんも喜んだ。

昨年の「KKT杯バンテリンレディスオープン」に続く2勝目を挙げ、次に掲げる目標はシーズン複数回優勝。「これからもっと緊張する場面がでてくるのか分からないですけど、その時のためになったなと、思えたらいいな」。次の優勝争いは、もう少し両親に安心してみてもらえるように。「マイペースに、自分のゴルフをするしかない」。父からの教えを胸に、次の優勝争いに備えていく。(茨城県つくばみらい市/谷口愛純)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには吉本ここねプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!