ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

「自分の中で100点」 尾関彩美悠が一発合格へ会心「67」

◇国内女子◇最終プロテスト 2日目(3日)◇城陽CC (京都)◇6400yd(パー72)

尾関彩美悠(おぜき・あみゆ、岡山・作陽高)が1イーグル5バーディ、1ダブルボギーでこの日のベストスコアに並ぶ「67」をマーク。通算6アンダーで首位と1打差2位タイに浮上して初挑戦のプロテストを折り返した。

<< 下に続く >>

1番でバーディ発進すると、4番(パー4)では残り120ydからPWのセカンドを放り込むイーグル。「ピンには真っすぐ行ったと思ったけど、打ち上げで(グリーン面が)見えなくて。ビックリしたけど、すごくうれしかったです。イーグルが入った時点でツイてる日だなって思いました」と笑顔で振り返った。

6番で3オン3パットのダブルボギー。前日5番でもダブルボギーをたたいており、「きのうと同じことをしている」と悔しがったが、引きずることなく後半10番(パー5)から3連続バーディを奪った。最終18番も残り75ydをウェッジショットで1mに絡めるバーディで締めくくった。

渋野日向子を輩出した作陽高で腕を磨き、6月「日本女子アマ」を制覇。「女子アマを優勝してから、たくさんプロの試合に出させてもらって、プロの難しいコンディションで回ってきた」。10月には「日本女子オープン」で11位に食い込むなど、自信を深めて乗り込んできた。

「自分的には一番大事だと思っていた初日をアンダーパーで回れた。ここから上げていく自信はあったので、気持ち的には緊張しなかったです」。会心のプレーにうなずきつつ、「きょうは出来過ぎなくらい。自分の中で100点だと思います。(逆に)いいプレーすぎたので、毎日続くようなゴルフじゃない。気を緩めずにこの位置で終われたらいいな」と残り36ホールを見据えた。

関連リンク



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!