ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

息子は東京、地元で奮闘 若林舞衣子「満点に近い」

2021/06/04 19:01


◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日(4日)◇ヨネックスCC(新潟県)◇6435yd(パー72)

地元・新潟県の加茂市出身の若林舞衣子が5バーディ、2ボギーの「69」で回り、首位と3打差6位で初日を終えた。

<< 下に続く >>

出だし1番(パー5)94ydから52度で1m、続く2番125ydから9Iで5mにつけて連続バーディ。降りしきる雨の中、パーオン率83%(15/18)と集中力を保った。

「天気が良くないといいリズムでプレーできないタイプですが、きょうは満点に近いゴルフ。結果も内容もいいプレーだった」と笑顔で振り返った。

2019年4月2日に長男・龍之介くんを出産し、20年6月に産休から復帰した。ここまで24試合に参戦し、3度のトップ10入りをしている。

今週、龍之介くんは自宅のある東京で留守番。「ツアーだと1週間、家を空けてしまう。お別れのときはさびしいが、泣いたりしないので、切り替えていける。ご飯とかレシピを考えるのは大変」と競技との両立に力を入れる。

この日は23歳の小祝さくら、27歳の比嘉真美子と同組でラウンド。ベテランと呼ばれる32歳だが、「年齢はあんまり気にしていない。ゴルフは人それぞれ。どうなるかは上がってみないと分からない」と意に介さない。

「いいリズムでしっかりと考えてプレーしたい。優勝を目指して頑張りたい」。2017年「アクサレディス」以来となるツアー4勝目を、愛する息子のためにも持ち帰る。(新潟県長岡市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!