ニュース

国内女子JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

右ひざ痛も回復 原英莉花グリーン警戒「パター3本持ってきた」

2020/11/25 17:30


◇国内女子メジャー第3戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 事前(25日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

原英莉花はアウトコースの9ホールをプレー。「難しいコースだと思うけど、去年よりも攻め方が分かってるからそんなに無理せずやれそう。いいスコアを出せるように頑張りたい」と明るい声で10月「日本女子オープン」に続くメジャー2勝目へ意気込んだ。

<< 下に続く >>

前週「大王製紙エリエールレディス」2ラウンド開始前、右ひざ痛で棄権。今季はコロナ禍で例年より遅い6月に開幕。ここまで全13試合と昨年同時期と比べて出場試合数は少ないが、疲労が蓄積していないわけではない。

「結局大丈夫だったんですけど、最初は腰と肩が痛くて。練習ラウンドでひざに違和感が出始めて、『なんだろうな』と。試合中は終始痛みでショットがぶれ始めたのでちょっと怖くて…やめさせていただきました」と説明した。

コースのあった愛媛県から東京に一度戻り、かかりつけの治療院で「針と電気で治療してきました」と今週はテーピングしないでも良い状態にまで回復した。

「元々ではないけど、ちょっと体重が落ちたりすると痛みが出たりすることがあった。知らぬ間にひざの使い方が違うと、ひざの位置が変わっちゃうみたいで」。ひざを曲げるライン読みは問題ないが、体重がかかりやすい下り坂はまだ気になるそう。

今週のコースは芝目がきついとされる高麗グリーン。念には念を押して「パターを3本持ってきました」と警戒する。「風にもよるけど、60台を続けて出したい。ロングホールは取れそうな感じだけどトラップがたくさんあるので、そこを注意しながらやれれば」と攻略ポイントを挙げた。(宮崎市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!