ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2年前とはゴルフが違う 小祝さくらが挑むリベンジV

2020/09/05 18:53


◇国内女子◇ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 2日目(5日)◇GOLF5カントリーみずなみコース(岐阜県)◇6571yd(パー72)

4位から出た小祝さくらが単独首位に浮上した。8バーディ、1ボギーの「65」でプレーし、2位に2打差をつける通算11アンダー。スタートホールの1番でバーディを奪うと、8mを沈めた12番(パー3)から3連続バーディ。14番では6mをねじこんだ。

<< 下に続く >>

「12番からすごくパットが良くなって、ショットもそこから良くなった。きょうは5アンダーぐらい伸ばさないとチャンスはないと思ってスタートしたけど、意外と風もなく、天気も耐えてくれてよかった」。パーオン率は89%(全体3位)、パット数は27(全体9位)を記録した。

前週「ニトリレディス」(北海道・小樽CC)の最終日(8月30日)は雨が降ったこともあり気温は16.7度だった。今大会は初日こそ24度と過ごしやすかったが、この日は33.4度まで上昇した。

「きょうは1日暑いと思っていたけど、後半は足もジリジリと焼ける感じがしました」。夏の大会で持参することが多い小型の手持ち扇風機や氷のうは「準備不足でした」と持ってくるのを忘れてしまった。ミスだったが、それでもきっちりと結果につなげた。

今大会と同じくGOLF5カントリーみずなみコースで行われた2年前。元世界ランキング1位の申ジエ(韓国)にプレーオフ2ホール目で敗れた日から734日が経過した。

「2年前とはプレースタイルが変わった気がします。2年前はウェッジで寄せてバーディという感じでしたが、今回はアイアンで寄せられたし、パターも入ってくれた」と比較する。19年「サマンサタバサレディース」では初優勝も経験した。そして再び、ここにいる。

リベンジとなるツアー2勝目まであと18ホール。「あまり考えずにプレーをしたい。自分のゴルフをしっかりしようと思います」と語る22歳の視線は強かった。(岐阜県瑞浪市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!