ニュース

国内女子ニトリレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

アマ小倉彩愛、プロテスト後はゴルフから離れた時期も

2020/08/28 19:12


◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 2日目(28日)◇小樽CC(北海道)◇6695yd(パー72)

同年代の多くがプロデビューを果たす中、19歳のアマチュア小倉彩愛(おぐら・さえ)は「普通に、ギャラリーの感じで見ていました」とあっけらかんと振り返る。自身は昨年の最終プロテストで61位の不合格。腰痛のリハビリもあり、テスト後は1カ月ほどゴルフから離れていた。

<< 下に続く >>

「でも、たくさんの人が『これからもゴルフ頑張って』と言ってくれて。友達はLINEや手紙も送ってくれて、辞めようとしていたのが良くなかったのかなって、もう1回頑張ってみようと思いました」と揺れた心を打ち明けた。

コロナ禍による自粛期間中は、おもに体力強化に費やした。「身体の調子も良くなって、飛距離も10から20yd伸びています」と手応えもある。もともと得意なのはショートゲーム。「そうですね、パッティングが得意です。きょうはピンを狙うショットも安定していました」と、初日「70」、2日目はノーボギーの「69」で、通算5アンダー4位で大会を折り返した。

「去年まではゴルフにすごく集中していたけど、いまは『ゴルフはゴルフ、それ以外は楽しむ』ってメリハリが付いたので、逆にゴルフに集中できるようになった」という。地元・岡山では2学年先輩の渋野日向子がブレークしたが「自分がどうとかはないですね」と焦りはない。最近の楽しみは、昨年7月に飼い始めた愛犬と戯れることだという。

2017年「日本女子オープン」で3位に入った実績がある。この試合に優勝すれば、来年3月以降に延期になったプロテストも、気にする必要はない。「たくさんの人に言われるけど、気にすると空回りしちゃうので…」と話した。

プロテストが行われたJFE瀬戸内海GCでの失敗は遠回りだったのか、それとも結果的には近道なのか。その答えを急いで求める必要もないだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ニトリレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!