ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

勝みなみ 渡邉彩香からアドバイス授かり全英へ

2020/08/17 09:07


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日(16日)◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6710yd(パー72)

通算2アンダー34位で終えた勝みなみは、17日にスコットランド・ロイヤルトゥルーンGC で行われる海外メジャー「AIG女子オープン」(全英女子オープン/20日開幕)出場のため渡英する。

<< 下に続く >>

最終日は池ポチャのダブルボギーもあったが、大会3日間を通じて「多少、波はあったんですけど、試合勘をつかめましたし、楽しくラウンドできたので良かった」と、結果よりも実戦感覚を良しとした。

課題も見つかった。「素振りとかは良いんですけど、ボールを構えていざ打つときに足の幅が広くなって下半身の力を余分に使ってしまう時がある」。さらに、「バッグスイングとか早くなってしまうと、体の起き上がりも早くなるので そこをきちんとできるか」。今季初の海外メジャーの戦いで生かす考えだ。

新型コロナウイルス禍はもちろん、衣食などにも気を遣う海外での試合。周りからは「食べ物は気をつけたほうが良い」と言われ、日本から食料を持参する予定。「ダウン(ジャケット)とか、長そでとか持って行った方がいいかな」と出国直前まで考えることも多い。

もっとも、会場のロイヤルトルゥーンGCの知識はまったくない。それでもこの日、2015年にスコットランド・ターンベリーでの「全英女子」でリンクスコースを経験した渡邉彩香から「結構転がるし、バンカーの手前に刻むのも転がって入ったりするから そこらへん大変だけど頑張ってね」とアドバイスを送られた。

「しっかり経験して帰ってきたい」。昨年大会は35位だったが、目指すのはもちろん「一番良いところ」だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!