ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子が最優秀選手賞など「4冠」を達成 LPGAアワード

日本女子プロゴルフ協会の年間表彰式「LPGAアワード」が18日、都内ホテルで開催され、渋野日向子が「最優秀選手賞」(メルセデス・ランキング1位)など4冠を達成した。

メディア賞の「ベストコメント部門賞」には、ツアー初優勝を国内メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」(5月)で飾った渋野の「新元号、令和になった実感は少ない。でも、日本人のメジャー優勝は久々です。ただ、私で良かったのでしょうか」が選ばれた。

さらに、顕著な活躍をした選手を表彰する「ビューティー・オブ・ザ・イヤー」、「輝き賞」も受賞した。日本人女子では42年ぶりとなった海外メジャー制覇に加え、国内大会での連続オーバーパーなしのラウンド数「29」をマークし、ツアー最長記録を達成したことが称えられた。

受賞した渋野は「ゴルフ人生では一度は立ちたいと思っていた場所に21歳で立てることをうれしく思うので、またここに戻ってきたいです。(ビューティー・オブ・ザ・イヤー受賞では)私生活ではいつもジャージなので買わなきゃな、と思います」と笑いを含ませつつ、喜びを表現した。

賞金ランキング1位は鈴木愛、平均ストローク1位は史上初の60台、「69.94」を記録した申ジエ(韓国)の手に。新人賞は「センチュリー21レディス」で初優勝した稲見萌寧、敢闘賞は「富士通レディース」で史上7人目のアマチュア優勝を飾った古江彩佳が受賞した。

<受賞一覧>
最優秀選手賞:渋野日向子
賞金ランキング賞:鈴木愛
平均ストローク賞:申ジエ
新人賞:稲見萌寧
ビューティー・オブ・イヤー:渋野日向子
敢闘賞:古江彩佳
ステップアップツアー賞金ランキング賞:ヌック・スカパン
メディア「ベストショット」部門:畑岡奈紗
メディア賞「ベストコメント」部門:渋野日向子
栄誉賞:申ジエ畑岡奈紗
輝き賞:渋野日向子
ティーチャー・オブ・ザ・イヤー清元登子賞:桐林宏光
ゴルフビジネス賞:竹内弓美子
特別賞:該当者なし

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!