ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

優勝候補は順当に予選突破! 16歳の香妻琴乃がメダリストに/日本女子アマ

25日(水)、兵庫県にある廣野GCで開催されている「日本女子アマチュアゴルフ選手権」の予選ラウンド2日目が行われた。予選ラウンドは2日間に渡る36ホールのストロークプレーで実施され、上位36名が決勝ラウンドに進出。翌日から3日間、18ホールのマッチプレー形式による勝ち抜き戦で優勝者を決する。

トップで予選ラウンドを突破する“メダリスト”の称号を手にしたのは、予選36ホールの大会最小スコアとなる通算9アンダーでホールアウトした、16歳の香妻(こうづま)琴乃。初日、18ホールの大会最小スコアとなる「64」をマークし、2位に3打差をつけて単独首位に立った香妻。「今日の目標はパープレーでした。ミスをしてもボギーで止めて、ダブルボギーは打たないように心がけました」と、この日は3バーディ、2ボギー。「1アンダーは満足です」と、当初のプラン通りに堅実なプレーを展開し、連日大会レコードを塗り替える見事なプレーを披露した。

通算5アンダーの単独2位には、2006年大会にメダリストに輝いている竹村真琴。通算4アンダーの単独3位には、この日のベストスコアタイとなる「69」でラウンドした藤本麻子が入った。優勝候補の一角に目されている藤本は、「今日はマッチプレーを想定しながらのラウンドでした。マッチプレーはボギーを打ったら負けなので、今日ノーボギーで回れたことは良かったですね」と、その目は既にマッチプレー戦に向けられていた。

また、昨年度のチャンピオン綾田紘子は、2006年大会のチャンピオン森桜子と並び、通算4オーバーの18位タイで予選突破。優勝候補の1人である森田理香子は、通算2オーバーの14位タイで明日からのマッチプレー戦に進出した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。