ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

13人が初の賞金シード入り 過去最年少の平均26.3歳

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(24日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6580yd(パー72)

来季シード権が得られる大会終了時点の賞金ランキング上位50人が確定し、渋野日向子河本結ら13人が初の賞金シードを獲得した。一方で、森田遥キム・ハヌル(韓国)、藤本麻子木戸愛らツアー優勝の経験者を含む16人が賞金シードを喪失した。

渋野日向子ペ・ソンウ(韓国)、河本結稲見萌寧高橋彩華吉本ひかるS.ランクン(タイ)、浅井咲希宮里美香エイミー・コガ大西葵篠原まりあ脇元華の13人が初めての賞金シードを獲得した。

ツアーを席巻中の“黄金世代”では賞金女王の可能性を次週のシーズン最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」につないだ渋野、今季初優勝を手にした河本と浅井、吉本、高橋の5人が入った。平均年齢26.3歳は、記録が残る2001年以降では昨季(26.4歳)を更新して最年少となった。

16人が賞金シードを喪失 森田遥は一歩届かず

森田遥(52位)、カリス・デイビッドソン(オーストラリア/54位)、キム・ハヌル(55位)、東浩子(56位)、藤本麻子(64位)、ジョン・ジェウン(韓国/65位)、フェービー・ヤオ(台湾/67位)、佐伯三貴(69位)、木戸愛(73位)、権藤可恋(75位)、木村彩子(76位)、一ノ瀬優希(77位)、大江香織(81位)、大出瑞月(83位)、ささきしょうこ(88位)、香妻琴乃(103位)の16人が賞金シードを喪失した。なお、キムは2020年までの複数年シードを保持している。

森田は今大会で単独3位に入ればシードに滑り込めたが、4位タイに終わって賞金ランク52位までの浮上にとどまり、参戦1年目の16年から保持していた賞金シードを初めて失った。

喪失者の平均年齢は27.1歳。その中には、今季限りでツアーからの撤退を表明した佐伯、一ノ瀬、大江の3人が含まれる。なお、ランク55位までには来季リランキングまでの出場権、同70位までには来季出場権を争う最終予選会(QT)のエントリー資格が与えられる。

イ・ボミが2年ぶりに賞金シード復帰

昨季に初めて賞金シードを喪失したイ・ボミ(韓国)が、同ランク26位でトップ50に返り咲いた。今季は2016年の賞金ランク1位で得た3年シードの最終年だったが、優勝こそ飾れなかったものの復活の気配を漂わせた。笠りつ子は2年ぶりに復帰した。

同ランク49位で迎えた大山志保は予選落ちに終わったが、同順位のまま7年連続の賞金シードを決めた。42歳はトップ50で最年長となる。大山に次ぐ40歳の李知姫(韓国)も今季1勝を挙げるなど30位に入り、自身が保持する連続シード記録を19年に伸ばした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!