ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

勝みなみ「日本のレベルがあがっている」2打差4位

2019/08/17 17:36


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目(17日)◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6705yd(パー72)

首位と6打差の35位から出た、勝みなみが6バーディ、ノーボギーの「66」でプレー。通算8アンダーとして、首位と2打差の4位にジャンプアップし、優勝戦線に名乗りをあげた。2週前の海外メジャー「AIG全英女子オープン」(イングランド)は35位。日本ツアー復帰戦2日目は「70点くらい」と自己評価した。

前半5番で残り126ydの2打目をPWで10㎝につけ“お先”でバーディを先行。続く6番では177ydの2打目を7Iで3mにつけ連続バーディとした。「ショットはすごく良くなってきているので、危なっかしいところがなかった」。後半も安定したゴルフを展開し、14番で10mのパットを沈めるなど4つ伸ばした。

5月「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で優勝後、翌週の海外メジャー「全米女子オープン」こそ22位と結果を残したが、その後「全英」までの国内ツアー7戦で5度の予選落ちと、調子を落としていた。「スイングに自分の良さがなくなっていた」と原因を分析した。

良かった時の自分のスイングを「左の腕を軸にしてあまりコックを使わずに、クラブと手が一体になっていた」と説明した。イングランドでは海外のトップ選手のスイングを目の当たりにし「似たような選手がいっぱいいて、やっぱりあのスイングって間違えてないんだ」と修正に励み、本来の持ち味を取り戻した。

「向こうの選手でも苦戦している選手はたくさんいましたし、全米でも全英でも、上位で戦える、通用するって感じた。日本のレベルがだんだんとあがってきている」と海外メジャーの経験は大きな自信となった。

全英からの帰国後はアーティストのライブや、プロレス観戦に出向いて鋭気を養った。「すごく楽しくて、刺激にもなった。頑張っている人たちを見ると自分も頑張ろうと思う」と優勝争いに力をこめる。大勢のギャラリーの前でツアー通算5勝目を掴みたい。(長野県軽井沢町/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。