ニュース

国内男子〜全英への道〜ミズノオープン at ザ・ロイヤルGCの最新ゴルフニュースをお届け

キム・キョンテがパターイップスを吐露「手が動かなくなった」

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 初日(30日)◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)◇8016yd(パー72)

16年大会覇者のキム・キョンテ(韓国)が6バーディ、1ボギーの「67」をマークし、5アンダーで首位発進した。ショットは3週前の「ダイヤモンドカップ」から好調をキープしていたが、きょうはパッティングも冴えた。

<< 下に続く >>

スタートホールの10番で残り213ydを3Iで1mにピタリとつけバーディを先行。その後も18番で下の段から20mを沈めたほか、ミドルパットを次々と決めグリーン上で躍動した。

「パターがずっと良くなくて、フィーリングが悪かった」とストロークが定まらず試行錯誤を続けていたが、前日のプロアマ戦終盤にバックスイングのスピードを遅くしたところ「ちょっと感覚が戻った」という。さらにスタンスも「やっぱり狭いのが自分のタイプかな」と初心に立ち返り、先週までよりも狭めた。「きょうは入らなくてもそれでやってみよう」と心を決めて挑み、速いグリーンにもマッチし27パットに抑えた。

パット好調に安どの表情を浮かべるのには理由がある。5月の初旬に「ストロークで手が動かなくなった」と人生で初めてイップスが発症したという。突如現れた症状をはじめは受け入れられなかった。「自分で(イップスと)言っちゃうともっとひどくなる。テクニックで治せると思ってやっていた」と回復に励んだが良い結果は出ず、ストレスのたまる日々が続いた。

一時は練習グリーンでも手が上がらないほど深刻な状態で「きょうも朝まで心配だった」。それだけに「一度も気持ち悪いのがなかったのでそれだけで満足です」と笑顔を見せる。

「きょうぐらいのストロークができていればそんなにストレスなく行ける。長いのも入ったし、今週はこのまま4日間戦いたい」とツアー14勝目に前を向いた。(茨城県鉾田市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 〜全英への道〜ミズノオープン at ザ・ロイヤルGC




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!