ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之はパット絶好調 50歳目前「生まれて初めて」の作戦

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 初日(23日)◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043yd(パー72)

来月で50歳になる藤田寛之が、2017年10月「日本オープン」以来の首位発進を決めた。午前スタートから7バーディ、1ボギーの「66」とし、今平周吾リュー・ヒョヌ(韓国)と首位に並ぶ6アンダーをマーク。「久しぶりの感覚。これだけ伸ばせると気持ちがいい」と会見での口調も滑らかだ。

中でも「パットが良く入った」とグリーン上のプレーが冴えわたった。前半の2番(パー3)と4番で2m前後のチャンスを決めると、10番では6m、13番(パー5)ではエッジから10mをパターでねじ込む。15番では12mのスライスラインを読み切り、伸ばし合いの展開をリードした。

パットの好調には、しっかりとした裏付けがある。「これまで感覚的にやりたかった」との理由で、ボールにアドレス方向を示すラインを引くことを嫌っていたが、いまは「生まれて初めて」ラインを引いている。パターヘッドにもラインを引いて試してみると、「フェースの向きが見えてきたものがあった」と効果を実感。アライメントの正確性が増したことで安定性が高まり、3週前の「中日クラウンズ」(5位タイ)でも貢献したという。

ちなみに、長く愛用する『タイトリスト プロV1』ボールのカラーを、今季よりホワイトからイエローに変えた。「飛んでいく弾道が見えにくくなっていたが、落ち際まで見えるので、どういう状態で止まったのかも確認できる」と、こちらはストレス減少に役立っている。ボールに引かれた赤色のラインにもよく映えるカラーマッチングだ。

練習では中尺パターも取り入れるなど、“感覚”だけでは補えなくなった部分を新たな試みを取り入れながらカバー。節目の年齢を前に、すべてに対してストイックを貫いてきた藤田に変化が見えはじめている。(奈良県奈良市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。